トリニティ セブン。 トリニティセブン 7人の魔書使い : 一般アニメエロシーンまとめ (Anime Ecchi Fanservice Aggregator)

トリニティセブン (とりにてぃせぶん)とは【ピクシブ百科事典】

専門術式は 光輝術(イルダーナハ)。 王立ビブリア学園に在籍する一般生徒であり、トリニティセブンに準じるほどの高い素質を持つ。

9
「書庫」は 憤怒(イラ)で、テーマは 分解(アナリシス)。

トリニティセブン 7人の魔書使いとは (トリニティセブンシチニンノマショツカイとは) [単語記事]

アリンと同じくかつての「世界樹の巫女」セレスティアの転生体の片割れであり、実はアリンと同じようにトリニティセブンの資格と「最終起動鍵」としての能力を有している。 アラタ本人と記憶が共有されているため、元に戻ったアラタはアストラル・トリニティであった時の記憶を持っている。

17
現実世界帰還後の経緯は描かれていないものの、ビブリア学園へ復学している。 一人称は「ボク」で、ボーイッシュな口調で話す。

トリニティセブン2期の情報まとめ!アニメの続きは漫画何巻から?

その過程でできた世界が黒い太陽が存在する、偽りの魔導書によって創られた世界(日常)なのだ。

あらすじ [ ] この節にあるあらすじは作品内容に比して不十分です。

トリニティセブン 7人の魔書使い

真名は リリス・アザゼル。 ある日、彼のは「崩壊現」と呼ばれる不可思議な事件により、のと共に異間に消えてしまった。 王立図書館検閲官(グリモワールセキュリティ) 崩壊現象の完全消去が目的の集団。

10
死者の屍と魂を使役する影魔忍軍の最後の一人として、同じく「死」の力を帯びたムラサメを振るってレヴィやルーグを追い詰めるものの、ルーグから神話武装フラガラッハを借り受けたレヴィによって重症を負わされ、更には死んだ筈の竜貴によってムラサメの所有権を奪われる事態に発展する。 トリニティセブン 王立ビア学園において、各分野の頂点を極めた7人の。

TVアニメ「トリニティセブン」公式サイト

魔物と化した具体的な時期は明らかにされていないが、強大な力を求めて神曲門を訪れ、幾度となく勝利や敗北を積み重ねた果てに十二魔将となるも、その激しい戦いの日々の中で自分のことも他者のことも見失う程に理性が摩耗していた。 一度崩壊現が発生した場所はになり、通常、生命は存在し得ないと言われている。 神曲門を訪れたビブリア学園の面々に魔軍を召喚して嗾け、神曲門の世界においても生き残れるだけの力があることを確かめて、ミナの死亡を告げると共に囚われた姉妹たちの救出を依頼した。

精霊術の始祖とされる『復活の聖女』の転生体であり、自身もまた同様に『復活の聖女』もしくは『終焉の聖女』と呼ばれている。 「書庫」は (スペルビア)で、「テーマ」は (ユースティティア)、 使命(ミッショニス)、 理念(イデア)。

トリニティセブン 7人の魔書使いとは (トリニティセブンシチニンノマショツカイとは) [単語記事]

ップ: 戸智凱• 「書庫」及び『聖櫃』は 憤怒(イラ)で、「テーマ」は 調和(コンコルディア)。 傍にいたリーゼに、寂しさを覚えたことを吐露している。

17
魔族化に伴って不滅竜の肉体を手にした女性魔道士であり、戦闘の際には多頭竜の姿に変化することも。 「てぇーいっ!」 「あっ…」 ビキニトップを外して寝そべるリリス(アラタによるエロ妄想) 「アラタ。