土佐 日記 門出。 『土佐日記』「門出・馬のはなむけ」

門出・土佐日記 現代語訳・品詞分解・読み方

現在出回っている版本および電子書籍でも200ページ程度で、1日あれば読み切れるほどの分量です。 1 神秘的な 2 珍しい 3 不思議な 4 不都合な 5 見苦しい 6 身分が低い 3 「塩海のほとりにてあざれあへり」のユーモアを考える。 そのよし、いささかに、 ものに書きつく。

15
ただ、このユーモアの程度は高いとはいえないオヤジギャグであるが。 八木のやすのりという人がいた。

土佐日記の「門出」についてです。ことばのうえで諧謔味(滑稽味、面白味)を...

原文 手に結ぶ 水に宿れる 月影の あるかなきかの 世にこそありけれ(『拾遺和歌集』第1322番より引用) 現代語訳 (手ですくった水に映る月のように、あるのかないのかわからないような世の中に生きていたのだなあ。

11
」と顔を合わせることもなかったが、心遣いがある人は恥じずにやってきた。 これぞ、たたはしきやうにて、むまのはなむけしたる。

『土佐日記』「門出」テストでよく出題される問題

立場はいまいちはっきりしないがとにかく一行についてともに出発し、京へ帰り着くまでの一か月半を書き記していく。 八木のやすのりといふ人あり。 由(よし)=名詞、話のおおむね、次第、趣旨。

8
23日。 【原文】 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。

男もすなる日記といふものを 原文と現代語訳 品詞分解

これが『土佐日記』です。 当時の「日記」は、子孫のために儀式や行事の記録を残す官人日記(うっかり儀式の先例を無視してポカをやらかすと貴族社会の村八分にされるから)なので、もちろんそれとはまったく違う。

5
藤原ちときざねは、(紀貫之の旅路は馬に乗らない)船路であるけれど「馬のはなむけ」をする。 漢字二字で答えよ。

5分でわかる『土佐日記』!作者や内容、冒頭についてわかりやすく解説!

本書はその説を後押しする内容だといえるでしょう。 けれども「送別の宴・餞別」を表す 「『馬』のはなむけ」という言葉をあえて用いることで、 「船路なのに馬」という面白さがあります。 (2)このような表現をなんというか。

5
外出する時、天一神・大白神・金神などの巡行する方角に行くと災いを受けるとし、それを避け、前夜に他の方角の場所で一泊し、翌日、そこから別の方角に当たる目的地へ行くこと。

土佐日記「門出」

特に前者はひどい。

深くて広い古文の世界へ、ぜひ1歩踏み出してみてください。