アライ さん 界隈。 アライさん界隈から得られたコミュニティ的知見

自分がアライさん界隈を辞めた理由|アルマゲドン|note

アライさんはアライグマの名の通り、手を洗っているように見えて……本当は川の中を探っているのだー! アライさんは手で感じるものを信じるのだ。 ステータス画面の本人の発言において、アライグマの川で物を洗うような仕草は実は「川を探っている」ことが説明され、自身の手の感覚を頼りにお宝を探し当てようとする冒険家 野心家? 精神溢れるキャラクターとなっている。

(アライさん界隈がつないというはやめてね) 初期のアライさん界隈はただ人がしているだけで、その後それに目をつけたアライさんを使わなくてもがや専門的な話をしてとしての強度を高めていた。

Twitterで増え続ける特殊なアライさん達

もしかしたらじさつサイトで集まってくる人たちが掲示板で書き込むことで踏み止まれることにも似ているのかもしれない。 実際に初期の頃から「素材化するためには全身が映っている写真が欲しい」と言われていたにも関わらず、かたくなに顔写真のみしか上げていなかったからである。 騒動を巻き起こし周囲を巻き込むトラブルメーカーだが、間違った事した場合など謝るべき時はちゃんと謝る素直な面も。

18
検索エンジンで「アライグマ」と入れると変換予想に「対策」「被害」「撃退法」のどれかが少なからず載ってくる程度には、アライグマは害獣という認識が確かにある。 珍しい行動は「 マジカルウォッシング」。

元非モテアライさん「アライさん界隈を見ていると…〇〇で悲しくなるのだ」

個人がリアル画像を上げてしまうのはネタ切れの証。 こんな記事を書いておいてなんだが、どうか興味本位でアライさんたちの生活を暴き立てるのはやめてほしい。

そしてこのスティグマの軽減は、自分だけではなく、他のアライさんたちへのまなざしにまで波及する。 害獣問題に言及しないものや、後者のように現代社会でのアライグマの扱いを知りショックを受ける程度のもの。

アライさん界隈まとめ:Twitterにいるアライさんなりきりアカウントまとめ

しかもめちゃ嬉しいのだ。 いま失敗していない人も、過去で何かしらの勉強をしているはずで、無駄なことなど何一つない。

その文化が続いている理由を考えると、やはり内在化したスティグマを軽減することに意義があるのだろう。 主な活動時間は夜だが、昼でも割と簡単に出会える これは一部除き他の初期から登場しているフレンズ達も同様。

元非モテアライさん「アライさん界隈を見ていると…〇〇で悲しくなるのだ」

なんかちょっと不思議なのだ。

4
あれは接客業なのだ。

アライさん界隈まとめ:Twitterにいるアライさんなりきりアカウントまとめ

せっかく誕生した新しい自助の文化に対し、外野が興味本位で覗き見をすることは、かえって当事者たちを委縮させてしまうのではないか。 また、フレンズが他フレンズを襲撃してしまうケースはそれほど珍しい事ではないが、アライさんの様に情報の非共有が原因だったり、である事が殆ど。

1
既に述べたように、さまざまな困難を抱えるひとたちはさまざまな社会的スティグマを負わされている。

アライさん界隈ハッシュタグまとめ

2019年11月19日からはアライさんのコスプレをするようになり名前の通りアライさんになった。 僕だって本当は金玉を出したい。

8
手に持った砂糖に集まってくるアリンコで、うかっり踏みつぶしてしまうこともある。 現実は非情なのだ。