いぼ むしり 季語。 いぼ むしり 季語

五年の月日

水(み)の笑窪あめんばうにもある重さ 素秋 水面に立つアメンボウの細い脚の下には、確かに小さな窪みができています。 松田ひろむ 1日10句 1301 赤煉瓦倉庫でジャズで浴衣翁 ---------------- 季語( 浴衣 ) 1302 赤煉瓦霧笛ときどきジャズトリオ ------------ 季語( 霧笛 ) 1303 秋一歩二歩に横浜ジャズライブ -------------- 季語( 秋 ) 1304 ジャズピアノ浴衣姿になることも ------------ 季語( 浴衣 ) 1305 鈴鳴らす秋へ横浜ジャズピアノ -------------- 季語( 秋 ) 1306 抽染(ちゅうせん)の青の百枚秋の湾 -------- 季語( 秋 ) 1307 どきどきとMotionBlue夏果てに ---- 季語( 夏終る ) 1308 平成の横浜(はま)の浴衣で和風ジャズ ------ 季語( 浴衣 ) 1309 眼で殺す女で浴衣ならばなお ---------------- 季語( 浴衣 ) 1310 ひばく者が来て被爆者と長崎忌 -------------- 季語( 原爆忌 ) 庭のビワの木に蝉がとまっていた。

9
永さんに手紙を出したら「返事のはがき」をもらったという事なのでしょう。 記憶の後、美味しく食べられたのかどうか、考え込んだ。

季語|蟷螂(かまきり・とうろう)

今日から新しい会場。 そう思うと嘘も見抜かれてしまうような気がしますね。 1994年、天皇、皇后がアメリカを訪問した折、ビル・クリントン大統領が歓迎の挨拶の中で曙覧(あけみ)の「たのしみは朝おきいでて昨日まで無かりし花の咲ける見る時」を引用してスピーチをしたことで知られる。

14
祭笛に呼応するように犬も啼く。

蟷螂 の俳句 : 575筆まか勢

そして会の先生始め皆さんの点を多く頂けたほうが勝ち という ルールのもとに句会に参加。 鳳仙花わたしのことはほっといて 渓 ゆり 鳳仙花のぱっと飛び散る感じがいいですね。 7 recent comment• 子どもの書いた馬だから上手とはいえないかもしれないが、どんな馬より早く駆けることだろう。

「雨粒に首傾げたるいぼむしり」2号 終わってみればこの2句。

休耕

夏のデパートや大きなスーパーの映像がうかびます。 鶏頭にまだ昼中の温みあり• 花氷のある入口で待ってます せいち 景が確か。 弟が奇妙な声を発するハズ。

16
【十句選】 蜘蛛の子や開きし本の溝深き 高木じゅん 本の見開きの真ん中の窪みをノドと言うらしい。

11ページ目の[ 句会 ]

キスのなかでも頼りない男女関係を、抉っている秀句。 上五は「教室の」「放課後の」などが考えられます。 休耕 台風上陸が来て、ようやく少し、朝夕には秋の声が聞こえるようになってきたようです。

10
。 「ふきふき差し出す」の中8は解消したいところ。

月白や讃岐の富士をひとつまみ 松田ひろむ/いぼむしり太白星のかがやきて 田中裕明

「児」は「子」でいいかなと思った。 【選外佳作】 またマツコまたまたマツコところてん 秋山三人水 テレビであの巨体を見ない日はないという単純な時事句ですが、案外ところてんを突き出すように「マツコ」という無限の人格が次々と襲ってくるような不思議な光景なのかもしれません。

9
オリンピックの熱気を横目に季節は、少しずつ秋へと移っています。

加藤かな文作品をめぐって(句集『家』)

金色のヒトデの記憶水ようかん 鸚儘 水羊羹の水っぽい表面に、いつか見たヒトデの記憶が蘇った句。

5
「蟷螂の斧」と言えば、自らの力をわきまえずに敵に立ち向かっていく様を言うが、これは、斉の荘公が乗る馬車にカマキリが立ち向かって行ったという中国の故事からきている。