レボフロキサシン 点滴。 クラビットに1日1回500mg投与の点滴静注剤が登場:日経メディカル

クラビット点滴静注バッグ500mg/100mL、静注500mg/20mL(効能・効果、副作用、添付文書 等)

] 大動脈瘤又は大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくはリスク因子(マルファン症候群等)を有する患者[海外の疫学研究において、フルオロキノロン系抗菌薬投与後に大動脈瘤及び大動脈解離の発生リスクが増加したとの報告がある(「重要な基本的注意」、「重大な副作用」の項参照)。 そのため、クラビットを飲む時間に対して、1~2時間の間隔を空ける必要があります。 過去に錠剤の服用が困難な方は細粒で対応していましたが、細粒は10%のため500mgで5g服用する必要があります。

4
投与に際しては、必ず ショック等に対する救急処置のとれる準備をしておくこと。

レボフロキサシン点滴静注500mg/20mL「DSEP」

薬を服用した後、各組織に移行やすい性質をもつため、多くの感染症を効率よく治療することができます。 <適応症>• 中毒性表皮壊死融解症 Toxic Epidermal Necrolysis:TEN 、皮膚粘膜眼症候群 Stevens-Johnson症候群 :中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。 過敏性血管炎 頻度不明 :発熱、腹痛、関節痛、紫斑、斑状丘疹や、皮膚生検で白血球破砕性血管炎等の症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

7
本来、不必要な抗菌薬の使用は耐性菌の原因にもなるため避けなければなりません。 なお、抗生物質等によるアレルギー歴は必ず確認すること。

クラビットに1日1回500mg投与の点滴静注剤が登場:日経メディカル

・サワシリン(一般名:アモキシシリン)、ミノマイシン(一般名:ミノサイクリン)、メイアクト(一般名:セフジトレン)、クラリス(一般名:クラリスロマイシン)、ユナシン(一般名:スルタミシリン)、ジスロマック(一般名:アジスロマイシン)、ゾシン(一般名:タゾバクタム)、フロモックス(一般名:セフカペン) 基本的に抗菌薬は、原因となる細菌に対して1種類で用いられます。 1.16参照〕。

6
早期に治療することが大切ですので、クラビット服用後にこのような異常が見られたときは使用を中止して適切な処置を受けます。

医療用医薬品 : レボフロキサシン (レボフロキサシン点滴静注バッグ500mg/100mL「DSEP」 他)

最初はウイルス感染のみの場合も多いですが、ウイルス感染の後に免疫力が低下したところで細菌の感染を生じることもあります。 大動脈瘤又は大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくはリスク因子を有する患者では、必要に応じて画像検査の実施も考慮すること(「慎重投与」、「重大な副作用」の項参照)。 この方法では、「100mgを1日3回服用」に比べて、「高い初期殺菌効果」や「耐性菌の出現抑制作用」を示したことが明らかになっています。

13
痙攣を伴う病気の人や、過去にそのような病気があった人に対して、クラビットは慎重に使用します。 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。

レボフロキサシン点滴静注500mg/20mL「DSEP」

アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害:アキレス腱炎、腱断裂等の腱障害が現れることがあるので、腱周辺の痛み、浮腫、発赤等の症状が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う 臓器移植の既往のある患者で現れやすい。 よって腎機能障害のある患者様は排泄の遅延により血中濃度が上昇する可能性があるため1回量を減量したり、投与間隔を延長するなどして対応します。 投与速度 投与速度に注意が必要な注射剤一覧(前半) なるべくシリンジポンプや輸液ポンプを使用して正確な速度で投与することが必要となります。

16
併用によりQT延長作用が相加的に増加するおそれがある。 レボフロキサシン(LVFX)• シプロフロキサシン(CPFX)• Infect Dis Clin N Am 2010;24:57-60• クラビットのジェネリック医薬品 クラビットにはジェネリック医薬品があり、先発品にはない剤形も販売されています。

医療用医薬品 : レボフロキサシン (レボフロキサシン点滴静注バッグ500mg/100mL「DSEP」 他)

細菌やウイルスの感染によって、鼻の穴の中の一部分に膿がたまって副鼻腔炎が起こります。

15
小児等(「小児等への投与」及び「その他の注意」の項参照)• 副腎皮質ホルモン剤 経口剤及び注射剤 プレドニゾロン 経口剤及び注射剤 、ヒドロコルチゾン 経口剤及び注射剤 等 [腱障害のリスクが増大するとの報告があるので、これらの薬剤との併用は、治療上の有益性が危険性を上回る場合のみとすること 機序は不明である ]。