リバプール 戦術。 リバプールが強すぎる理由はフォーメーションだった!詳細解説します!

最強リバプールの戦術上のキーマン 世界一と評される両SBが快進撃を支える

感想とまとめ 高い規律性と集中力の兼ね備えたシメオネのアトレティコは、世界最強と攻撃力を誇るリバプールを跳ね返し続けました。 あの時くらいから今のようなモダンな戦術の話というのが盛り上がっていたのでその流れに乗ってみたいな、というのがありましたね。

6
ここまでご覧いただきありがとうございました。 一言でいうと「 相手が攻撃する勢いにプレスをかけて、そのプレスの勢いのままカウンター攻撃をする」となります。

ポチェッティーノ・トッテナムの「4-2-3-1」攻撃戦術を徹底解説【CL決勝・リバプール戦】|yasublog

イタツ:ミドルシュートを決めさせるための設計もあるんですか? トリコ:たぶんそれが昔のストーミングリバプール。 また、リバプール戦では後半の終盤から前線で起点となるジョレンテを投入し、 ロングボールのこぼれ球を拾って攻撃を展開しようというシーンが多くなります。

グアルディオラやサッリが、毎試合毎試合マニアックなまでにチームのメカニズムを設計・準備し、自らの幾何学的な秩序をピッチ上で働かせ続けようとするのも、まさにそれゆえだろう。

リバプールの戦術、選手起用法は? 首位独走もちらつく不安材料、悪化した数字とは?【序盤戦レポート(3)】

CFからのスルーパスに中央に絞ったLWGが抜け出してゴールを決めた場面。 プレスをかわすためにボールを後ろへ下げています。

1
リヴァプールでは、引いた相手を攻略するためにポゼッション気味の試合展開をする場面も増えましたが、一番の狙いはドルトムント時代と同じく速い攻守の切り替えからのカウンターのはずです。

リバプール戦術分析・マッチレビュー/vs アトレティコ・マドリー/CL/堅守シメオネ健在

第2章 緻密に練られた「相手右サイド」での勝負 第1章では試合開始早々のシステムチェンジと、自陣低い位置に引き込んで裏のスペースを消すことの意図を分析しました。 それではまず「ディフェンダー」から確認していきます。

3
そのロングボールでのパスから攻撃につながるのがベストですが、相手に奪われても問題ありません。 クロップらしさを感じる場面 ボールを奪い、「よし、一気に攻めるぞ」とカウンターに向けて前掛かりになる相手チーム。

ワトフォードが示した首位攻略法。キーワードはリバプールの「右」~ワトフォード対リバプール レビュー~|14歳のサッカー戦術分析~日本サッカーの発展を目指して~|note

総合値が上のチームでクリロナなどの怪物クラスの選手がいる場合はラインが整うまでは「 リトリート」にして、落ち着いたら「 フォアチェック」に戻します。 「優勝を目指す」と宣言しながら試合中全く修正することなくアジアカップ決勝戦でカタールに完敗しました。 アーノルドもロバートソンもパンチのある低弾道の早いボールを蹴れるので、時間をかけずに反対側のスペースを突くことでチャンスを生み出します。

6
まずはシティの例を見る。 クロップ戦術では「 奪われるのを前提で縦パスを入れる」ということがおこなわれているようです。

リバプールの強さやクロップ監督の戦術

ただ、4-3-3のウイングの場合は最初から高い位置取りをしているので攻め上がるスペースが限られています。 ポゼッションによって主導権を握りゲームを支配することにはほとんど興味を持たず、むしろいったんボールを持ったらできる限り手数をかけずに敵プレッシャーラインを越えて前線にボールを送り込み、一気に攻め切ることをよしとする。

頂点のフィルミーノは決してエゴを出すことなく、昨季得点王の2人のお膳立てに徹している。 チェルシー戦の1失点目のキングとかそうです。

【総力戦の意味】リバプールのすべて【現代サッカーの現在地】

試合を観ているとボールサイドのウイングがプレスバックして、そのままブロックに加わる流れになったりします。

1
そして、6秒以内に奪えなかった場合はリトリートして守備陣形を整える」というバルサならではの守備ですね。