ワード 目次 作り方。 【ワードの目次の作り方】仕事効率アップの便利機能を徹底解説!

【3分で出来る】卒業論文の目次の作り方

記事の内容がわかるようにする 目次を読んだだけで、どのような記事の内容かがイメージできるようにしましょう。 図3の表題をクリックします。

図5:目次の挿入 参考資料タブから目次(図5の赤枠)をクリックすると、図6のような画面が出てくるので、自動作成の目次をクリックしましょう。 見出しは数字が小さいものに数字が大きいものが含有される形となるので、見出し2の中に見出し3が含まれることとなります。

ブログの目次は必須です。作り方とコツを解説【1分で簡単設定】

Webサイト管理等にまつわるネタ、サイトの更新情報等を発信中。

10
最短で成功したい人は必見です。

【ワードの目次の作り方】仕事効率アップの便利機能を徹底解説!

図7:目次の更新 目次の更新をクリックすると、目次の更新という画面がでてきます。 注意点としては、 章には「見出し2」を、節には「見出し3」を設定するようにしましょう。 レイアウトが崩れたり、章の中に節が収まっていない場合も、だいたいは「見出し」の設定が原因です。

12
目次の更新 最後に、目次の更新方法です。 2 目次を作りたい文章を打ちこむ 作りたい目次の章と節を自由に書き込みましょう。

Wordで報告書や論文に必要な目次の作り方 │パソニュー

。 そんな時は、先にご紹介した【スタイル】を変更するだけでOKです。

もちろん、先に目次を挿入しても大丈夫です。 Wordの機能で作れば章の名前を変えても自動で反映してくれるので、楽で便利だと思います。

【ワードの目次の作り方】仕事効率アップの便利機能を徹底解説!

ワードの機能では『目次』を設定することができて、文書に削除や追加があっても、目次を更新することができるので、とても便利です。 そこで今回は• 3 章と節に見出しを付ける 目次に入れる文章が作れたら、作った文章に「 見出し」を設定しましょう。

1
3ページ目以降は自由に見出し1、見出し2、見出し3・・・を入れてみてください。 最後に|ブログでスキルアップしよう こちらの目次だと、書いている内容が一目で分かリますよね。

【Word】目次の作り方(目次を自動で作成)

「見出し」とは、簡単に言えば「 文章ごとのタイトル」みたいなもので、「この場所にはこんなことが書いてあります」という説明と区切りのようなものです。

目次の作り方• STEP. しかも、ページ番号付です。