住民 票 本人 以外。 本人以外の住民票や戸籍証明などは発行してもらえますか(委任状)(代理請求)

本人以外の住民票や戸籍証明などは発行してもらえますか(委任状)(代理請求)

住民票の除票又は改製原住民票を取得する場合は、本人以外の方からの申出は第三者となりますのでご注意ください(住民基本台帳法第15条の4第3項)。 掲載開始日:2013年11月13日 最終更新日:2021年3月1日 住民票の写し等の交付 住民基本台帳(住民票)とは 住民基本台帳は、氏名、生年月日、性別、住所などが記載された住民票を編製したもので、住民の方々に関する事務処理の基礎となるものです。

17
会社が手続き上必要な場合 会社も手続き上必要な場合、従業員の住民票を取得することができます。 申請書などダウンロード 交付できる証明書の種類 使用目的に応じて、次の項目を証明書に記載することができます。

住民票や戸籍の証明の第三者(本人以外の方)の請求について 東京都府中市ホームページ

死亡者の除票の写しを請求する際は、戸籍謄本等により相続関係がわかるものが必要になります。 「本籍」の記載有無• つまり興味本位(なんとなく住所を知りたいなど)で勝手に他人に住民票を見られることはありません。 この記事は 「住民票を代わりに取りに行ってもらいたい」 「住民票を誰かに勝手に取られたりしないか不安」 「友達の住民票を取りたいんだけど、できる?」 という人に向けて記事を作成しています。

本籍の表示(有or無)• 1 「委任状」というタイトル 2 代理人の住所・氏名・生年月日 3 「私は上記の者を代理人と定め、次の証明書の申請及び受領に関する権限を委任いたします。

住民票の除票の写しとは何ですか

ちなみに 権利や義務に基づいて住民票を請求する場合は、詳しい使用目的と必要な具体的箇所の住民票しか発行してもらえません。 ウ 法人の場合には代表者印が必要になります。

15
なお、債権回収・保全といった抽象的な理由では交付できません。

住民票の写しの郵便請求/東広島市ホームページ

世帯主の記載・本籍・続柄・マイナンバー 世帯の記載は全員か一部か、本籍、続柄、マイナンバーについては、必要か不要とすべて記載するようにしましょう。 人気の関連ページ! >> 余談ですが「戸籍謄本・抄本」に関しては、結婚などにより親と子が違う戸籍に入っていたとしても、子どもが「親の戸籍謄本」を取得できますし、親が「子の戸籍謄本」を取ることも可能です。 本人、同一世帯の方でも、不当な目的によることが明らかな請求には応じられません(住民基本台帳法第12条第6項)。

住民票の写しとは 住民票に記載されている事項の写しのことです。 発行日時 月曜日から金曜日(祝日及び年末年始を除く)午前8時30分から午後5時 手数料 1通300円 広域交付住民票 住所地以外の市区町村が発行する住民票の写しのことです。

大田区ホームページ:住民票関係の証明書

たとえ同じ住所に住んでいたとしても、二世帯住宅のように「住民票(世帯)が分かれているケース」もあります。 オ 住民票コード又はマイナンバー(個人番号)が記載された住民票の写しを請求する場合には、住民票コード又はマイナンバー(個人番号)の性格に鑑み、代理人に直接お渡しする方法ではなく、本人の住所宛てに郵便等により送付する方法となりますので、御承知おきください。

16
手数料は市区町村によってまちまちなので、大目に持って行っておく方がいいでしょう。 基本的に本人とその世帯の人以外は住民票を取得できない• スポンサーリンク 家族の場合でも、代理時には委任状が必要なの? よくある質問が「家族の住民票を取るのにも委任状がいるのですか?」というもの。

本人以外の住民票や戸籍証明などは発行してもらえますか

Windows OSをご利用で、JavaScript(アクティブスクリプト) を無効のまま色の変更をする場合には、コントロールパネルの「ユーザ補助のオプション」(Vista以降のバージョンでは「コンピュータの簡単操作センター」)の設定で、ディスプレイ全体の色合いを変更してください。 例えば 私は、〇〇(フルネーム)を代理人と定め、住民票の写し の交付申請及び受領の権限を委任します。 委任状に、通数、家族全員分なのか本人分なのかを記載してください。

19
2 対象者との関係が分かる疎明資料 契約書および債務残高証明書等、請求者と対象者との関係が分かり、請求が正当であることが分かるものを 複数ご提示ください。

住民票の除票の写しとは何ですか

「世帯全員」なのか「世帯一部」なのか?• 注記:請求理由については、できるだけ詳しく記入してください。

16
【例:大阪市のフォーマット】 【例:横浜市のフォーマット】 このようにフォーマット自体は違っていても、基本的には「権限を委任する」という事を書き示します。 (市区町村によっては指定の様式があることもあるようです。