豆腐 の 角 に 頭 ぶつけ て 死ん で しまえ。 楽天ブックス: 文庫 豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件

「豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件」倉知淳著|日刊ゲンダイDIGITAL

表題作を含めた6編の短編が収められています。 日本大学藝術学部演劇学科卒業。 おや、短編の一つ『社内偏愛』の紹介をし忘れたぞ。

相手がどんなにバカでトンチンカンで、 豆腐の角に頭をぶつけて死のうとしたところで、 豆腐の角での打撲によって死ぬのが不可能なことは あきらかですから、本気ではあり得ません。 1994年、『日曜の夜は出たくない』で倉知淳として小説家デビュー。

倉知淳『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』で久しぶりに猫丸先輩に会えて幸せだった

バラエティに富んでいて、読み終わった後にニヤリとしてしまうような短編ばかりでした。

8
味のある倉知淳さんのミステリー短編集。 大きな耳をピンと立て、熱心に、不思議そうに闇を見つめるミーコ。

豆腐の角に頭をぶつけて死ねとは (トウフノカドニアタマヲブツケテシネとは) [単語記事]

〉と文芸評論家の村上貴史さんは述べていますが、まさにその通り。

16
もちろん他の猫丸先輩シリーズが未読でも問題なく楽しめますよ。 どう見ても、兵士は豆腐の角に頭をぶつけて死んだ様にしか見えなかったがー?驚天動地&前代未聞&空前絶後の密室ミステリの真相は!?ユーモア&本格満載。

豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件

作品多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです). 2001年、『壺中の天国』で第1回本格ミステリ大賞(小説部門)受賞。 はて、そんなことがあり得るのでしょうか?時代錯誤とも、近未来的ともいえる物語の設定も独特で味がありますよ。

前代未聞のユーモア&本格ミステリ! 村上貴史氏(ミステリ書評家)絶賛! 「ロジックに染められたミステリならではのマジック」 奇想ここに極まれりーー 本格ミステリの玉手箱! 戦争末期、帝國陸軍の研究所で、若い兵士が頭から血を流して倒れていた。

倉知淳『豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件』で久しぶりに猫丸先輩に会えて幸せだった

1994年、『日曜の夜は出たくない』で倉知淳として小説家デビュー。 優秀な警察の迅速な捜査により、犯人は浮彫になっていくものの、どうしても解けない謎が。

11
本書も短編集ではあるのですが、皮肉な結末があったり、ちょっと近未来的な設定があったりといつもとは違ったテイストも味わえる作品集となっています。 猫丸先輩に指摘されるまでまったくそこに気がつかないわけですよ。

楽天ブックス: 豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件

一発目から実に倉知さんらしい短編でした。

12
現場を見て、勝手にそうだと思い込んでしまう。

楽天ブックス: 文庫 豆腐の角に頭ぶつけて死んでしまえ事件

『で顔を洗って出直して来い』を実行した所、火傷した挙げ句に賽のに切られたおの沢山のにぶつかり、を招く方もおいでだろうか?(に受けて行く)。

5
当番交代の時間に景浦二等兵を呼びに行ったら、彼の死体を発見、周囲に豆腐のかけらが散らばっている。 ・・・おそらく、夫婦ゲンカのお友だちも、こんな感じでは ないでしょうか。